野田屋酒店

早稲田ならではの限定地ビールご案内中!【野田屋酒店】

商品カテゴリ

HOME»  作り方のページ1

作り方のページ1

 

■張さんの水餃子 ■張さんのトマタマ ■にらとさつま揚げ ■春野菜のほっぽり煮

印…アレンジのアドバイス
印…調理のポイント

張さんの水餃子

中国出身の張さんに教えてもらった本格手作り水餃子。

<材料> <作り方>
A 薄力粉 300g
適宜
小さじ1
サラダ油 大さじ3
B 豚挽き肉 200g
ねぎ 1/4本
キャベツ 葉3枚
にら 1/3束
しょうが 1かけ
醤油 大さじ1
小さじ1
サラダ油 大さじ1
  1. Aの材料を手につかなくなるまでよくこねる。生地の硬さは耳たぶくらい。
  2. 乾燥しないようにラップで包み、冷蔵庫で30分ほどねかせる。
  3. キャベツとにらを茹で、みじん切りにして水気を絞る。
  4. ねぎとしょうがはみじん切りにし、Bの材料全てを合わせて混ぜる。
  5. (2)の生地は打ち粉をしながら直径3センチほどの棒状にのばし、長さ1.5~2センチに切り分ける。
  6. 切り分けた生地を麺棒を使って丸く伸ばす。
    皮は中央を厚めに、端の方を薄めに伸ばすと包みやすい。
  7. (4)の具を(6)の皮で包み、多めの湯で茹でる。
  8. 醤油とごま油を等量合わせたタレでいただく。

具材は好みで変えてください。

▲ページトップへ

張さんのトマタマ

中国ではごく一般的な家庭料理です。
ご飯にのせても、パン食のオムレツ代わりにも。

<材料> <作り方>
  2個
トマト 1個
たまねぎ 小1/4個
サラダ油 大さじ2
砂糖 大さじ1
小さじ1
醤油 小さじ2
小さじ2
  1. 炒り卵を作る。卵1個に大さじ1杯の油が目安。あまりかき回さず、半熟で皿にうつす。
  2. 新たに油をひき、たまねぎのみじん切りと皮をむいてざく切りにしたトマトをいため、調味料を加える。
  3. トマトの水分が出たら(1)の卵を加え、ひと混ぜする。

子供向けには甘めに、大人向けには豆板醤などで辛味をつけて。

▲ページトップへ

にらとさつま揚げ

簡単すぎるのに案外いけます。

<材料> <作り方>
  さつま揚げ 2枚
にら 1/3束
マヨネーズ 大さじ2
  1. さつま揚げは湯通しして余分の油を取り、5センチ位の短冊切にする。
  2. にらはさっと湯がいて5センチくらいに切り、水気を絞る。
  3. (1)と(2)を合わせ、マヨネーズであえる。

ちくわやかまぼこでも出来ます。

大人向けには一味か七味で辛味をつけて。

▲ページトップへ

春野菜のほっぽり煮

10年程前に小林カツ代先生がテレビの料理番組の中で紹介してくださった一品。
我が家では春といわず一年中作ります。野菜をたっぷり食べる事が出来ます。
「ほっぽって(放って)おいても出来てしまう」ので「ほっぽり煮」だそうです。

<材料> <作り方>
  にんじん 小1本
キャベツ 小1/2個
ホタテ貝柱の水煮缶詰 小1缶
固形スープ 1個
  1. 人参は5ミリ程度の薄切りにし、キャベツは5センチ角位のざく切りにする。
  2. なべに水少々と(1)の野菜、ホタテの水煮を汁ごと入れる。
  3. 固形スープを砕きながら加え、ふたをして10~15分弱めの中火で煮る。

作り方のページ 1 2 3 4 5


おつまみのページトップ
 

野田屋酒店管理人へのご意見・お問い合わせ